バブルに向かって一直線時代に人気だった美女「高沢順子・沢田和美・浅野真弓・鳥居恵子・小川ひろみ・栗田ひろみ・ナンシー・チェニー」が、ネット検索しても近況が出てこない、、、

高沢順子

image



1955年1月生まれの高沢順子さんは、年が明けて2021年になると66歳になります。

が、高沢順子さん、ネットで検索しても近況がまるで出てきません。

山東ルシアさんで有名なホーロバスのCM「お魚になったワ・タ・シ」は、1973年の高沢順子さんが先で、このCMによって、高沢順子さんは注目されました。

同年TBSドラマ「それぞれの秋」に、同じく若き桃井かおりさん等と共演、お茶の間の人気者になった高沢順子さんは、その後、テレビ・映画と大活躍でした。

1976年には、こちらもテレビの人気ドラマ「前略おふくろ様」の2シーズン目にも、高沢順子さんは桃井かおりさん、木之内みどりさん、坂口良子さんの、当時の人気者達と共演。

1977年には角川映画第二弾「人間の証明」で、岩城滉一氏演じるバカ息子の恋人役も演じていました。

1979年の映画「もっとしなやかに もっとしたたかに」では、森下愛子さん、奥田瑛二氏、風間杜夫氏と共演してますが、この時点では高沢順子さんが、この映画出演者の中では、最も名前と顔を知られていたと記憶しております。

その後も端役で数々のドラマに出演していましたが、2000年以降全く出演作品がなくなり、「あの人は今」的な登場も全くない高沢順子さん、ネットで検索しても情報は出てこないです。

沢田和美

image 

1962年11月生まれの沢田和美さんは、2020年で58歳になりました。

16歳の時に共同石油のイメージガールに選ばれた沢田和美さんの、サーフボードの上に横になるポスターは衝撃的で、その後は数多くの企業のCMに出演し、10代にして大人気になりました。

そんな沢田和美さんは1980年、舘ひろし氏主演の東映映画「薔薇の標的」で女優デビュー すると、更に水着中心のグラビアの登場が増え、当時の週刊誌はかなり沢田和美さんで儲けたと思われます。

成人を超えた沢田和美さんは、グラビアだけでなく単独の写真集もバカ売れし、多くのファンはこの流れは、おっぱいを出すのも近いだろうと期待していました。

そして沢田和美さんが、おっぱいを出したのはグラビア、写真集ではなく、「木枯し紋次郎」でお馴染み笹沢左保氏原作の映画化、にっかつロマンポルノの「悪魔の人質」でした。

その後はロマンポルノは勿論、特にサスペンス系のテレビドラマでも、沢田和美さんはおっぱいを晒し、話題になりました。

また、人気歌手で、にっかつロマポルノに出演した小松みどりさん、ビニ本の人気者からピンク女優になった八神康子さん、新しい風俗店ノーパン喫茶のアイドルからロマンポルノに出演したイヴさん等と、沢田和美さんは1986年、東映の「童貞物語」に出演。

完全に「そっち系」の女優になったわけですが、三十路も超えた1995年のヘアヌード写真集を最後に、名前を聞かなくなり顔も見なくなってしまいました。

ネットで沢田和美さんを検索しても、出てくるのは水着写真とヌード写真ばかりで、現在の情報は見当たりません。

浅野真弓

浅野真弓さんは1984年にミュージッシャンの柳ジョージ氏と結婚、1985年に芸能界を引退しました。

2011年にご主人の柳ジョージ氏が死去した時、彼の個人事務所代表として名前が登場しましたが、姿は拝見することができなかったです。

そんな浅野真弓さんは1957年1月生まれで、年が明け2021年になると64歳になります。

中学生の時、本名の「島田淳子」で人気テレビドラマ「帰ってきたウルトラマン」「おれは男だ!」に出演後、NHKドラマ「タイムトラベラー」の主演に抜擢。

浅野真弓名義に芸名を変更した1973年、こちらも人気テレビドラマの「石立鉄男シリーズ」の「雑居時代」に山口いずみさん演じる冬子の親友役で登場すると、そのクールな美貌が注目されました。

クールビューティーの浅野真弓さんの風貌は、高度成長からバブルに向かって一直線だったあの時代にマッチし、多くのテレビドラマに出演してますが、案外、グラビアの仕事は少なく、基本は女優さんでした。

浅野真弓さんが、どこで11歳年上のミュージッシャンの柳ジョージ氏と知り合ったのか?わかりませんし、柳ジョージ氏が前妻とどういう経緯で離婚し再婚したのかもわかりませんが、浅野真弓さんは結婚時27歳。

まだまだ仕事はありましたから、そのまま芸能界引退は、ちょっともったいなかったですね〜。

そして、柳ジョージ氏が他界されてからも復帰もすることなく、「あの人は今」的なものに登場することもなく、ネットで検索しても全く近況の情報がわからない浅野真弓さん。

芸能界に未練のない女性のようです。

鳥居恵子

image

黒髪長髪で清楚な顔立ちで人気女優だった鳥居恵子さんは、1987年に俳優の藤岡弘氏と結婚しましたが、1990年に離婚。

その後、芸能界復帰することもなく、ネットで検索しても全く近況が掴めない方です。

そんな鳥居恵子さんは1951年7月生まれで、2020年で69歳です。

鳥居恵子さんのお母様が日活の女優だったそうで、そんな縁でお母様経由で石原裕次郎氏の「石原プロ」に入ってます。

若き鳥居恵子さんが一躍脚光を浴びたのが、二十歳前後のテレビドラマ「おひかえあそばせ」。

こちらは人気の「石立鉄男シリーズ」の記念すべき第一弾で、鳥居恵子さんは五人姉妹の5女役の女性大生役でした。

翌年にも、結婚したばかりで話題で人気の浅丘ルリ子さんと石坂浩二氏との共演作「冬物語」がヒットし、鳥居恵子さんはかなりの人気女優でした。

基本的に女優・モデルが主な仕事だったようで、グラビアや水着写真などもネットで見当たらない珍しい女優さんと言えます。

小川ひろみ

image



1971年の大ヒットテレビドラマ「おれは男だ!」の相澤高校剣道部の女キャプテン、丹下竜子で大人気になった小川ひろみさん。

小川ひろみさんは1948年11月生まれで、2020年で72歳になりますが、「オレは男だ!」で女子高校生役を演じていた時も、既に22歳。

主演の森田健作氏は1949年、早瀬久美さんは1951年生まれですので、小川ひろみさんは同じ高校生役の御三方の中で最年長でした。

早瀬久美さんも女子高生役にしては色っぽい方でしたが、小川ひろみさんの色香に惑わされた少年は、多かったと思います。

お二人とも既に松竹では女優として活躍されていた方で、小川ひろみさんはザ・スパイダースの「バリ島珍道中」や、ハナ肇氏の「為五郎シリーズ」等に出演。

美空ひばりさんの映画「花の不死鳥」では、森田健作氏と既に共演しています。

ところが「おれは男だ!」のヒット以降、小川ひろみさんの名前は聞かれなくなりました。

森田健作氏は誰もが承知の千葉県知事を長年勤め、早瀬久美さんもFacebookYouTubeなど自身でやっており、情報を発信しておりますが、、、

小川ひろみさんは、ネット検索しても近況が全く掴めません。

栗田ひろみ

image

1957年9月生まれの栗田ひろみさんは、2020年現在63歳になりました。

栗田ひろみさんが一躍当時の少年達に注目を浴びたのは、井上陽水氏の初のシングル大ヒット曲「夢の中へ」が挿入歌だった、1973年の東宝映画「放課後」でした。

当時現役高校生だった栗田ひろみさんの、黒髪長髪に大きな瞳、可憐なセーラー服姿は、話題沸騰。

同い年だった京都在住の少年、後の漫画家・イラストレーターのみうらじゅん氏は、栗田ひろみさんのファンではなく、「栗田ひろみになりたかった」と、後に述べられてるほど、当時の栗田ひろみさんのファンは、熱い子が多かったです。

栗田ひろみさんはその後、歌手・タレント・女優と活躍し、1974年の17歳の時に、篠山紀信氏撮影のヌードが週刊「プレイボーイ」を飾り、ファンは度肝を抜かれました。

そんな栗田ひろみも1980年には芸能界引退、翌年には一般男性と結婚し、芸能界復帰することもなく、2020年63歳になっています。

栗田ひろみさんは2006年、「放課後」のDVD化の時、久々に登場しましたが、ネットで検索しても、近況は全く出てきません。 

ナンシー・チェニー

image 

1957年9月生まれのナンシー・チェニー は、2020年で63歳になっています。

ナンシー・チェニーは1979~1980年にヒットしたテレビドラマ「探偵物語」で、主演の松田優作氏演じた工藤ちゃんの取り巻きの女の子二人の一人で注目を集めました(もう一人は竹田かほりさん)。

ナンシー・チェニーの役はファッションモデル志望のコミカルな役でしたが、実際に彼女はモデルで、この頃から女優になった方でした。

失礼ながらナンシー・チェニーは女優として大成したとは言えず、一般的には「探偵物語」と、週刊誌のグラビアを飾ったイメージしか残ってないと思います。

そんなナンシー・チェニーは、ネット検索すると現在「電話英会話レッスン ナンシーの英会話」というサイトがヒットします。

が、HPのトップページは出るのですが、サイトの他の諸々にアクセスすると「サーバーが見つかりません」になってしまい、やはり近況はいまいち定かでない方です。