映画「オリエント殺人事件」に、ローレン・バコールとイングリッド・バーグマンの大御所が出演してたのは凄かったな〜♪

1

 
1970年代後半から80年代初頭にかけ、アガサ・クリスティ作、名探偵ポワロもののオールスター映画が次々と製作、ヒットしましたが、少し時は空いて1988年、久々に製作されたのが「死海殺人事件」。

60代のローレン・バコールが、重要な役どころで出演してます。

が、この方は日本公開1975年のアガサ・クリスティ映画「オリエント急行殺人事件」にも出演しており、ともに、声のでかい「鬱陶しいおばちゃん」役。

なので「オリエント急行殺人事件」の頃は、蒼き少年Aだったボクは、随分怖い顔した、おっかねーおばちゃんだなーと思ったものでした。

ローレン・バコールの履歴を、後から知って驚いた!!

2

が、、、

あとで調べたらローレン・バコールは、あのハンフリー・ボガードの奥様。

で、若きマリリン・モンローと「百万長者と結婚する方法」にも出演してたり、古のセクシー美人女優だったので、ちょいとびっくりした覚えがあります。

思えば、当時のオールスター映画でもあった「オリエント急行殺人事件」のオープニング、主役のポワロを演じたアルバート・フィニーは別にして、その次にローレン・バコールは名前が出てるには、やはり彼女に対する敬意なのでしょうかしらね?

だって、乗客全員容疑者のこの物語、しかもオールスター、名探偵ポワロ以外、誰が主役ってな物語ではなかったですからねー。

で、オリエント急行殺人事件」には、ローレン・バコールのご主人のハンフリー・ボガードの、あの!有名な「カサブランカ」の相手役&ヒロインのイングリッド・バーグマンも出演しております。

だから、大人になってからレンタルで「オリエント急行殺人事件」を観直した時は、リアルタイム観た時より古の映画知識も少しボクは増えていたので、そのオールスターぶりに、感慨深いものがありましたねー。

1

しかし、「オリエント急行殺人事件」のイングリッド・バーグマン↓、、、

正直、グレース・ケリーイングリッド・バーグマンが混同してた少年だったボクは、「言われなきゃわからない」、かなり地味〜な、おばちゃん役でしたが、、、

見事!アカデミー女優賞を受賞。

で、、、

ローレン・バコールの作品は、同じアガサ・クリスティ作品の映画化「死海殺人事件」での、こちらも重要な役どころ!に続いて、1990年の「ミザリー」で、ジェームス・カーン演じる作家の出版元の「お偉方」、彼女60代半ばの頃の作品が最後でした↓。

が、、、

自分ももうすぐ当時のローレン・バコールの年齢になりますので(笑)、とても綺麗に品良く、しかもやっぱり「怖そうな女」のまんま、60代という年齢になった彼女に、今は思うところが沢山ありますね。 

V1_