アガサ・クリスティ原作「地中海殺人事件」(1982年)。名探偵ポワロものに出演してたダイアナ・リグとジェーン・バーキン!熟女二人の素敵さ!

image


1970年代後半から80年代初頭にかけ、アガサ・クリスティ原作、名探偵ポワロもの映画が、ちょいと世界でも日本でも人気になり、何作か作られヒットしましたが、こちらは1982年の「地中海殺人事件」。

地中海の美しい小島、リゾートホテルに集まった人たちの「悪い噂」は、人目もはばからず女房持ちのパトリックとイチャイチャしてる、色っぽい助平そうな「おばちゃん女優」役のアリーナ↓。

2

まぁ、アリーナ、殺されちゃうんですけど、、、

このリゾートホテルに集まった人々が、別件の調査でたまたま訪れていた名探偵ポワロ以外、多かれ少なかれ殺害されたアリーナと、何等かの関わりがあり、しかも皆アリーナ殺害時間には、アリバイがある。

てな、流石!アガサ・クリスティの秀逸な!物語。

さて「灰色の脳細胞」名探偵ポワロ、どうやってこの中に必ずいる犯人のアリバイを崩していくか?

サスペンス&ミステリー好きのボクは、とても好きな映画。

007シリーズ唯一!、ジェームズ・ボンドと結婚する女性を演じたダイアナ・リグ

3
で、、、

アリーナを演じたダイアナ・リグは、20代の頃ショーン・コネリーが一度は降りた(一作品だけ復帰します)007=ジェームズ・ボンドの2代目、ジョージ・レーゼンビーの「女王陛下の007」のヒロイン。

すなわちダイアナ・リグはボンドガールで、リアルタイム当時は注目された女優さんでした↑。

で、「女王陛下の007」では、あの!助平の国から助平を広めにきたような、女と見ればすぐやっちゃう007=ジェームズ・ボンドが、なんと!結婚しちゃう、、、。

そのボンドの結婚相手が、ダイアナ・リグ↓。これは当時!事件でした(笑)。 

で、結果的にはこの新婚夫婦、悲劇的なラストを迎えてしまう、けっこう映画007=ジェームズ・ボンドシリーズでは、「女王陛下の007」は異質な物語。

なのですが、如何せん2代目007=ジェームズ・ボンドを演じたジョージ・レーゼンビー。それまでのショーン・コネリーが、ものすごい人気だったうえ惜しまれてたので、リアルタイム時、評判が悪くてね〜。

結局、すったもんだがあって、ショーン・コネリーがもう一度007=ジェームズ・ボンド役をやる事になって(「007 ダイヤモンドは永遠に」)、その後は三代目としてロジャー・ムーアが定着。

なので、ジョージ・レーゼンビーの007はこの1作だけで終わってしまった。

なので、日本では007マニアぐらいしか、ボンドの花嫁さんを演じたダイアナ・リグ、知ってる人いなかったので、それから13年!!

1982年の「地中海殺人事件」に、ダイアナ・リグが出演した時は、ボクは嬉しかったものでした。

4

「ジュテーム」でお馴染みだった!ジェーン・バーキン

で、もう一人、アリーナと自分の亭主が人目もはばからずイチャイチャしていても、耐えに耐えてた、最初は地味〜で、子供好きなか弱い奥様を演じたのがジェーン・バーキン

でも実は!彼女はそんな女じゃなかったってな、ボクの大好きな!パターンのオチで、華やかに登場してきたのが、こちら↓↑。 

颯爽として実に!美しいですねー。
 
1

ジェーン・バーキンはその前のアガサ・クリスティ名探偵ポワロ映画「ナイル殺人事件」にも登場してましたが、断然!こちら「地中海殺人事件」の方が良いですね〜。

というわけで、当時のアガサ・クリスティ作品、名探偵ポワロものの映画は、わりとオールスターキャストで、風景の映像もとても美しく衣装も洒落てるし、なんと言っても女優が美女揃い。

なので、一度観ればオチもわかってるのですが、チャンスがあると美女と風景も楽しいので、ボクは何度でもポワロ映画は観ちゃいますねー♪

そして時が流れ、ポワロはイギリスが生んだ世界的に有名な名探偵ですから、1989年から2013年にかけイギリスでシリーズ化され「名探偵ポワロ」としてテレビ放映(日本はNHKで1990年より)。

「地中海殺人事件」は、日本では2002年の1月1日元旦に、原題の「白昼の悪魔」として放映。ネット上で今も「名探偵ポワロ」は人気シリーズになっていますので、「白昼の悪魔」として観ることができます。

まぁ〜「地中海殺人事件」も「白昼の悪魔」も日本でつけられた邦題で、映画もドラマも小説も英語タイトルは「Evil under the Sun」。太陽の下の悪とでも訳すのかな?

ちなみに同じ「Evil under the Sun」でも映画「地中海殺人事件」とテレビドラマ「白昼の悪魔」は、犯人は同じでも若干内容が異なりますので、観比べて見るのも、ファンは楽しいですね♪