ウルトラセブンのアンヌ隊員役は、最初は当時の「青春もの」でお馴染み豊浦美子さんだった!

b

こちら1966年の東宝映画「これが青春だ」ですが、真ん中のセーラ服姿が、この翌年「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役が決定していたそうな、当時の東宝の新進女優だった豊浦美子さん。

まあ、その後、脈々と続く「青春もの」の「おきゃん」な女子高生役と言えば、テレビ「青春とはなんだ」の左の岡田可愛さんと、こちら豊浦美子さんが元祖なわけです。

が、その後「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役を豊浦美子さんがやっていたら、彼女の認知度はもっと上がってたでしょう。

ご承知の通り、アンヌ隊員は菱見ゆり子さんが演じたわけです。

撮影直前に豊浦美子さんが東宝の「本編」、当時人気のクレージーキャッツ映画への出演が決まったから、急遽かわったそう。

こちらが↓豊浦美子さんが出演が決まっていた「ウルトラセブン」のアンヌ隊員を辞退して出演した、その当時、人気絶頂だったクレージーキャッツの本編「クレージーの怪盗ジバコ」。

当時、俳優・女優は銀幕、「本編」が一流の仕事で、テレビはランクが落ちる仕事だったうえ(アメリカは今でもそうだそうですが)、製作は渡辺プロダクション渡辺晋氏。

更に、原作は北杜夫氏の人気小説の映画化ですからね〜。

青春もので人気の豊浦美子さんに「本編」から声がかかるのは当然ですし、こちらの仕事を彼女が選んだのは、当時としては当たり前だったと言えます。

一方、豊浦美子さんより年下で、1966年デビューの菱見ゆり子さんは、当時はまだ無名に近い女優さん。

菱見ゆり子さんは、「ウルトラセブン」放映前の1967年1月の同じくクレージーキャッツ映画「クレージーだよ天下無敵」では、出演シーンがカットされ未出演になっている程度の無名女優でした。

有名な話しですが、豊浦美子さんの体型にあわせ衣装さんがウルトラ警備隊のユニフォームを作ったので、、、

急遽、菱見ゆり子さんに変更になったため、豊浦美子さんの体型にあわせたユニフォームをそのまま着たので、今も伝説のセクシーなぴちぴち衣装になったそう。

 

豊浦美子さんと「青春もの」の「おきゃん」コンビで有名だった岡田可愛さんも、豊浦美子さんと同じように「青春もの」以降も東宝映画によく出ておりました。

が、テレビ「サインはV」の主役の朝丘ユミ役をやったおかげで、ボク等世代では「ウルトラセブン」のアンヌ隊員の菱見ゆり子さん共々、岡田可愛さんもいつ迄も想い出深い女優さんになっています。

対して豊浦美子さんは、よっぽどの60年代の東宝映画マニア、「青春もの」ファンでない限り、話題になる事はないわけですから、、、

人生は、わからないものであります。